プリザーブドフラワーは、まるで生花のような鮮やかな状態を長期間保てることから、贈答用としてだけでなく、自分のお部屋の飾りつけ用として購入する人も増えています。


プリザーブドフラワーは、生花を脱水・脱色した後に改めて潤滑油と染料(着色料)を染み込ませ、その後乾燥させるという特殊な処理を施すことで、長期保存を可能にしています。
最低でも1~2年は変わらぬ状態を保持でき、最適な状態で保存できれば5年以上保持できる場合もあるといわれています。

プリザーブドフラワーの専門知識を身につけましょう。

しかし、プリザーブドフラワーは普通の生花と同じように考えているとあっというまにダメになってしまうので、保存するときの注意点を守って適切に保存することが大切です。


まず、注意すべきなのは高温多湿の環境には置かないということです。

47NEWS情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

プリザーブドフラワーは、日本の夏のような高温多湿の環境に置くと、せっかく定着させた染料が分離し、花びらなどから染料が染み出してしまうので、鮮やかだった花びらに色あせが生じてしまいます。



保存するときの最適な環境は、気温が18~25℃、湿度30~50%程度といわれており、これを超えると変質が進んでしまうので、特に温度湿度が大きく上昇する夏は湿気の多くなりがちなキッチンには飾らずにクーラーをきかせた涼しい部屋に飾っておくのがベストです。
また、直射日光や強いライトが当たらない場所に置くというのも保存の際の注意点です。

プリザーブドフラワーは紫外線に非常に弱く、紫外線に長時間浴びさせると染料が化学変化を起こして色あせが生じてしまうので、直射日光が当たりやすい窓際には飾らずに窓から離れた場所に置きましょう。

Copyright (C) 2016 プリザーブドフラワーを保存するときの注意点 All Rights Reserved.